埼玉のデリヘル嬢に甘えまくった結果

赤ちゃんプレイというのをしたことがあるでしょうか。
私はずっとあれのどこがいいのか分かりませんでした。
しかし先日埼玉のデリヘル店でついに赤ちゃんプレイをやってしまったのです。
そこまで成り下がってしまったのです話を聞いてください。
ことの始めは埼玉の熟女・人妻専門のデリヘル店に遊びに行ったことです。
特に年上の女性が好きだったとか、熟女が好きとかそういうわけではなかった私。
ただ「安い」という理由で引き寄せられてしまいました。
現れた女性はユウノさんと言うおっとりとした女性でした。
可愛く、思わず胸にむしゃぶりつきついたら「可愛い子」なんて言われて笑われました。
その瞬間急に「この人に甘えたい!」と言う願望が湧いてしまいました。
「甘えていいですか?」と言ったら、「かわいいなぁ〜。
いっぱい甘えて」と言われたのです。
甘えているうちにユウノさんは赤ちゃん言葉を使い始めました。
くすぐったいような、気持ちいいような感覚になりその後は赤ちゃんになりきってしまいました。
赤ちゃんプレイはあまりにも気持ち良くはまってしまいそうです。
まだ一週間も経っていないのにユウノママに会っていっぱい甘えたいです!赤ちゃんプレイ最高ですよ!

埼玉の風俗で体験入店女性と遊ぶこと際に知っておきたいこと

風俗店で初めて働く女性は、最初は「体験入店」という形で接客をします。
これは一般企業で言うと「見習い期間」のようなもので、一定の期間体験入店してみて本格的に風俗嬢としてその店に在籍するかどうかを決めることになります。
体験入店の女性は店側も積極的にお客さんをつけるようにしますので、特に指名するコンパニオンを決めずに店舗型風俗店に遊びに行くと、体験入店中の女性をすすめられることもあります。
ちなみに体験入店女性は料金がレギュラー女性に比べて安く設定されている店が埼玉でも多いです。
体験入店女性が登場した場合、彼女たちの大半はとても緊張していると考えておく方がベターです。
また、多少の怖さも感じながら接客していることも頭に入れておきたいものです。
店側から、「何かあったらすぐに駆けつけるから連絡しなさい」とは言われているものの、やはり初めて男性客と2人きりになって自分の裸を見せるというのはかなりのストレスにもなるわけです。
従ってお客の立場としては、彼女たちの緊張感を解き、怖さをなくすように努めてあげることが優しさだと言えます。
当然ながら緊張がほぐれた方がフェラチオなどのプレイを彼女たちもやりやすくなるため、サービスの質も上がる期待があります。